So-net無料ブログ作成

約束のネバーランドネタバレ50話 ミネルヴァと合流!?B06-32には何がある!? [約束のネバーランド41~50話]

約束のネバーランドネタバレ50話 ミネルヴァと合流!?



B06-32に到着します。

本当に、
ミネルヴァとの
合流は可能なのでしょうか。

そもそも、
ミネルヴァが
味方という保証は
どこにもありません。

⇒【ミネルヴァの先祖が作った世界!?





ミネルヴァは敵か


今となっては、
ミネルヴァは敵という
可能性が高いと
言われています。

しかし、
そうなるとなぜ
プラントの存在を
教えようとしたのか
これがわかりません。

いや、
そもそもあのペンと
あの本の出処は
同じなのでしょうか。

ペンを落とした
あの白衣の男が
本の存在を知っていて
誘い出すために
ということも
あるのかもしれません。

何にしても、
このまま合流して
人間世界へ移動できて
終了ということは
ないでしょう。

⇒【レイ最後の本でエマ嘘付き!?

人間の世界にはいけない


人間と鬼の世界。

この2つの道は
閉ざされているという
ソンジュの言葉。

もし、
B06-32のミネルヴァが
簡単に人間の世界へ
行き来しているのだと
すれば、
1000年もの間
この約束が守られて
いるかのうような話は
されないでしょう。

プラントの鬼たちも、
人間世界のものが
持ち込まれてるという
ことはわかっているはず。

だとすれば、
この約束において、
人間世界と鬼の世界を
行き来できる人物を
最初から置いている
ということになります。

しかし、
なぜそれが人間だけと
言い切れるのかは疑問です。

鬼の中にも、
人間世界へ行ける
人物がいてもおかしくは
ないでしょう。

それが、
あの謎の鬼文字の
存在なのでしょうか。

いや、
そもそも鬼文字の存在と
ミネルヴァが同一の人物
という可能性も
否定は出来ません。

約束を管理する者。

それに気付く人間を
排除するために
ミネルヴァはあえて
ヒントを残しているという
可能性もあるのでしょうか。

⇒【クローン説の伏線が凄い!?







冒険感が強まる


子供サイドでは、
狩りの能力を得たり、
植物の情報を得たりと、
各自得意な分野で
強みをいかそうとしています。

俄然この世界で
生きていくための
冒険感が
強まっている状況。

もしも、
B06-32にいっても
人間の世界への
行き方がわからなかった
場合や、
はるか遠くからしか
行けない場所なのだと
すれば、
先にフィルを
迎えに行く作戦を
整える必要がありそうです。

そもそも、
プラント全員を解放しよう
と思えば、
2年の準備は決して
十分なものとは言えません。

さらに、
エマの全員というのが
他のプラントにまで
及ぶのだとすれば
どうなるのでしょうか。

鬼と人間の争いを
再発させる原因に
なるとも言えるでしょう。

せっかく一部の人間を
養殖することで
収まっている鬼と人間の
争いの歴史。

この解放によって、
また新たな火種を作り、
大きな戦争に発展
してしまうのだとすれば、
エマはどう考えて
どう動くのか。

これから先の展開が
楽しみですね。

どこまで壮大な
動きになるのでしょうか。

【こんな記事も読まれています】 ⇒【ミネルヴァの先祖が作った世界!?
⇒【クローネ盗み聞きに伏線あった!?
⇒【レイ最後の本でエマ嘘付き!?
⇒【クローン説の伏線が凄い!?







nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました