So-net無料ブログ作成

黒革の手帖!結末は元子の死亡!?村井に波子に楢林!悪女の終わりは最悪の最期! [黒革の手帖(小説)]

黒革の手帖の結末!?



松本清張の人気小説である
黒革の手帖。

ドラマ化も何度か
されていますが、
やはり最終の怒涛の
復讐劇
ものすごい勢いの
あるものですね。

さて、
どんな結末が
待っているのでしょうか!?





騙し続けたツケ


元子はものすごい悪女。

それを
まず理解しなければ
いけませんね。

主人公なので、
どこかで肩を持って
しまうところもありますが、
基本的にはとんでもない
悪女です。

最初は、
自分が働いていた
銀行を騙して
7500万を横領します。

これは架空名義の預金口座
本当の名前が並んでいる
帳簿をそのまま写された
黒革の手帖によって
事なきを得ます。

その時の支店長は左遷先で
死亡します。

さらに、
村井という次長は
左遷後に銀行をやめて
職探し。

次なる相手は、
楢林という病院の院長。

婦長の中岡市子を
使いながら、
5000万を取ります。

次なる標的が
橋本という
医療ゼミナールの
男でしたが、
ここで元子は
騙されてしまいました。

⇒【樽林謙治から5千万を奪取!?

復讐劇


医療ゼミナールは、
医者の父兄から裏口入学の
口利きとして
お金を受け取っていると
元子は聞きます。

それをネタに、
橋本から1億6000万ほどの
土地を譲り受けようと
するのですが、
これが罠だったと気付きます。

ただ、
気づいたときには
すでに遅し。

あまりに壮大な
迂回的な騙しの絵に
完全に嵌められた元子でした。

一体どんな最期が
待っていたのでしょうか。

⇒【安島を好きに!?妊娠の憂き目!?







村井と波子


波子は元々のパトロンが
楢林でした。

しかし、
この楢林の弱みにつけこみ
5000万を手にした元子。

これが原因で、
波子はお店の開業が
行き着かなくなり、
一時は元子の勝利に
見えていました。

しかし、
その後は高橋という
大物の総会屋
パトロンとして大きなお店
サンホセを持つに至ります。

村井は、
次長の職から左遷され
銀行を辞めた後に、
この高橋の元で
働くことになります。

復讐と言えば、
やられた以上にという
感覚もありますが、
実際には
村井についても取られた
7500万に近い金額を
元子に突きつけたに過ぎません。

波子については、
悪女同士というイメージも
払拭出来ませんが、
それでもやられた時に
言い返したとおりの復讐を
やり遂げます。

ただ、
これでお金がなくなって
終わりという話では
ありませんでした。

⇒【波子の悪女も元子に完敗!?

楢林の復讐


高橋の事務所で、
波子と取っ組み合いの喧嘩。

そして、
気づいたら元子は
救急車に乗っていました。

腹部に伝わる痛み。

刺されたかと思ったら、
流産でした。

安島という議員を
目指す男との子供。

一回きりで、
子供を宿していたようす。

当然、
この安島も
高橋を含め最後の復讐劇に
一枚かんでいます。

その子を失い、
救急車に乗っている元子。

行き着いた先は・・・。

楢林の病院。

手術台に乗りながら、
目の前にある楢林の顔を見て
「コロされる~!」

と叫ぶのがこの作品の
ラストシーンとなります。

そこには、
「あなたには女の気持ちは
分からない」
去っていった中岡市子の
姿もありました。

最後の最後。

悪女として生き続け、
それを悪いとも思って
こなかったある意味で
ズレた女は
まさに天罰を受けるかのように
直滑降。

真っ逆さまに
転落していくのでした。

<こんな記事も読まれています> ⇒【波子の悪女も元子に完敗!?
⇒【樽林謙治から5千万を奪取!?
⇒【安島を好きに!?妊娠の憂き目!?
⇒【村井が復讐する原因!?








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました