So-net無料ブログ作成

約束のネバーランドネタバレ41話 「森に住む人間が現れる!?はじめての救いか!?」 [約束のネバーランド41~50話]

約束のネバーランドネタバレ41話 森に住む人間!?



※確定あらすじ※

日が当たらずに
冷え込む森。

本を元に、
水を確保する。

ペンのホログラムで
現在の場所が分かる。

左が南北で右が東西の
距離を示している。

ミネルヴァがいるのは
B06-32地点。

そこに野生の鬼が
現れて襲いかかる。

⇒【41話 確定はコチラ

⇒【42話 確定はコチラ







吸血樹と呼ばれる
アルヴァピネラの蛇を
退治した子供たち。

観察と分析で、
ここから先も
原生林を子供だけで
突破出来るのか。

※前話の内容※
⇒【40話 詳細内容はコチラ

現れた下等種?


ズズという背後の音。

原生林と、
その前に人形の鬼が
話していた「下等種
という言葉。

それを考えると、
鬼の下等種が
存在しているって可能性が
高そうですね。

もしもそれが、
猿と人間のように
進化前の種を言っているの
だとすれば、
それはかなり野生化した
危険な鬼ってことも
考えられそうです。

犬鬼が、
もうすでに危険な感じが
していましたが、
奴等は喋れたので
どうやら高い知性がありそう。

では、
野良の鬼はやっぱり
喋れないただの獣って
ことなのでしょうか。

下等種がヒト


食人鬼の元は、
ヒトって可能性もずっと
言われていたことです。

もしもそうなら、
この鬼が言っている下等種
というのはヒトだという
可能性もあるでしょう。

元文明人としてのヒトなのか、
それとも野生化してしまった
人間なのかは
定かではありません。

もしもヒトで、
「我々以外に食われる」
という発言をしているのだと
すれば、
ここのヒトは人間も
食べるのか?
という話にもなりそう。

それはそれで、
食人鬼よりも
恐怖する展開がありそうな。







ミネルヴァの遣い


登場がちょっと早すぎる
気がしなくもないですが、
ここで登場するのが、
子供にとっては味方の人間
ということもあるでしょう。

ミネルヴァの遣いかもしれませんし、
ただこの森を生き抜いている
人間って可能性も。

もしかしたら、
あのプラントのことを
嗅ぎ回っている人物って
ことも??

ファンタジー感が強くなり、
謎解きの要素が減っても
面白味に欠けるので、
何かしら大きな進展が
ほしいところですね。

破れたページ


ウーゴ冒険記が、
この森を突破するために
必要なものだとわかりました。

しかし、
この本は確か破れたページが
あったはず。

なぜ破れているのか。

これがミネルヴァが与えた
謎の一つなのか、
それとも別の何者かによって
重要なページを破られているのか。

何となく後者ではないかと
思えてきます。

ミネルヴァとは別に、
この本の存在に気づいた内部の
人間がいて、
この脱走を目論んで成功させる
ほどの脳を持つ子供を探して
いたって可能性。

だとしたら、
破らたページにある
対処不能な場所で待っている
という事も考えられますね。

⇒【42話 確定はコチラ

【こんな記事も読まれています】 ⇒【クローン説の伏線が凄い!?
⇒【TOUCH MEは誰に触れる?
⇒【クローネ盗み聞きに伏線あった!?
⇒【新フクロウの謎を解読!?
⇒【ノーマンが敵になる!?
⇒【B06-32はチェスを意味する!?
⇒【隠れ文字HAPPY NEW YEAR!?
⇒【ミネルヴァは食人鬼の抵抗勢力!?
⇒【首のナンバーの謎が解明!?
⇒【鬼の用語と神存在は発音不可!?
⇒【外の世界は鬼を知らない!?







nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました