So-net無料ブログ作成

約束のネバーランド考察「フィルは何者?残してった理由がヤバ過ぎる!?」 [約束のネバーランド:フィル]

フィルは何者なの?



フィルが怪しいってずっと言われて
いましたが、
ここに来て火事のハウスに残っている
理由とは一体なんなのか。

そして、
レイは全員でないことに
気付いています。

エマたちは気付いていないって
ことではないでしょう。





わざと残してった?


ノーマンの計画通り進めていたエマたち。

エマは全員脱獄を
目指し続けていました。

普通に考えれば、
フィルがいなくなったことに
いち早く気付くのはエマでしょう。

だとしたら、
フィルはわざと残していったか。

もしくは、
塀までの移動中にハウスに
戻ったかのどちらかです。

ついてきていると思いながら、
逆方向に進んだのだと
すればそれもあるでしょう。

しかし、
早すぎます。

何よりも、
「ママ」と声かけたときは
息も切れていない

やはり、
ハウスに残っていたと考えるのが
妥当ですね。

でも、
それだとおかしな点があります。

⇒【フィルは普通の子供だった!?

発信機の反応は?


イザベラは全員が連れ出されたと
言っていましたね。

発信機を見て、
その反応を見ていたのだとすれば、
フィルが残っているのは
おかしな話になります。

何よりも、
持っていたトランクは更に詳しく
捜索ができる何かってことですね。

それも回避しているフィル。

これはもう、
イザベラをも超えた何者かが
刺客として送った人物と考えるのが
自然な気がしてなりません。

⇒【クローネ盗み聞きに伏線あった!?







フィルはノーマンも救ってる?


イザベラがフィルに「ママ」って言われた時の
表情が「え」って感じでしたけど、
これはノーマンとの対比な気がしてなりません。

門の小部屋でノーマンは「え」って
驚きとも取れる表情をしていました。

あの表情は、
知らない人がいたってことでは
ないものでしょう。

知っている誰か。

クローネがそこにいたりしても、
クローネが本当にシんだのか
どうかを見ている訳ではないので
あんな「え」って表情には
ならない気がしてなりませんね。

しかし、
フィルがあの小部屋に居たら
どうでしょうか?

あのノーマンの表情は、
まさにそういう雰囲気を
醸しています。

そして、
フィルはあの時、
ノーマンを救っているのだと
感じられてなりません。

合流先はやはり、
ミネルヴァの屋敷!?

プラントは実験施設!?


このプラントが鬼が管理しているのではなく、
単なる実験施設だとすれば。

つまり、
より可能性の高い人物を探し出し、
さらに高価な人間を創り出すための
試験場のようなものである可能性。

プラントの脱出は、
いわばその壮大な実験の試験の一つ。

だとすれば、
ミネルヴァの残したヒントを
フィルが教えたことも
納得ができそうです。

フィルは過去にも、
有能な11歳の少年少女に、
同じようにフクロウのヒントを
与えていたのかもしれません。

今のフィルが何代目なのかは
分かりませんが、
同じように肌の黒いフィルという
赤ちゃんがすでに第3プラント
には納品されています。

ついでにうさぎが好きなコニー
という赤ちゃんも。

⇒【フィルもクローン説!?誰の内通者

もしそうなら、
ミネルヴァは味方ではなく、
この壮大な実験の全てを担う存在。

いや、
あの謎の文字そのものが、
ミネルヴァという可能性だって
ありますね。

鬼の総元締め。

果たしてフィルがママに言う言葉は
どんなものなのか。

ゲームオーバー

とかいい出すと怖すぎますけどね。

【こんな記事も読まれています】 ⇒【クローネ盗み聞きに伏線あった!?
⇒【門からの脱出が確定する!?
⇒【イザベラ20年の脱獄計画
⇒【フィルもクローン説!?誰の内通者
⇒【フィルは普通の子供だった!?
⇒【B06-32とPromisedの関連性!?
⇒【ノーマンはNO MAN!?送られた天才
⇒【隠れ文字HAPPY NEW YEAR!?
⇒【脱獄は門からで確定か!?
⇒【グランマとイザベラの失脚!?
⇒【エマがママの展開もあるのか!?
⇒【ミネルヴァは食人鬼の抵抗勢力!?
⇒【トーマとラニオンが気付く!?
⇒【首のナンバーの謎が解明!?
⇒【鬼の用語と神存在は発音不可!?
⇒【外の世界は鬼を知らない!?







nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました