So-net無料ブログ作成

東京喰種:reネタバレ120話(トーキョーグール)「オッガイが喰種を一方的に殲滅!?カネキの出方は?」 [東京喰種:re 114~120話]

東京喰種:reネタバレ120話 オッガイが殲滅!?



※更新 あらすじ※

アキラに喰種の子供を見せるトーカ。
身寄りのない子供。
父親をコロしたのは自分だとはっきり伝える。
悪趣味なやつだとアキラ。
そこにヒナミも現れる。
父親が奪ったヒナミの親。
アキラは父親を誇りに思っている。
トーカは父親を馬鹿呼ばわり。
「一緒にいたかったから」
喰種の子供に抱きつかれるアキラ。
そしてヒナミとも。
-誰を憎めばよかったんだろう-
涙するアキラ。
⇒【120話 確定あらすじはコチラ


118話で新登場した新造のQs班
オッガイ」。

鼻がきくので隠れている喰種を
見つけ出して殲滅している様子でした。

※前話のあらすじ※
⇒【119話 確定あらすじ

それにしても、
雰囲気は異常でしたね。

旧多に似ている・・・。






異常なのは父親譲り!?


オッガイとなっているのは全員子供でした。

そして、
その残虐な雰囲気はどう見ても
旧多の影響を色濃く出していました。

育ての親が、
旧多ってことなのか。

それとも、
遺伝子的に本当にリゼと旧多の子供って
感じなのでしょうか?

クローン的な存在って事も
考えられますね。

潜在的な実力はカネキと同等って
ことみたいですが、
旧多はカネキと対話した時に
言っていた「子供をいっぱい」って夢を
歪な形で叶えたってことになりますね。

そんなオッガイの存在は、
喰種の脅威になっていくでしょう。

特に、
戦えない喰種にとっては、
生きることが許されない世界が
近づいていると言えます。

カネキの目的!?


亜門との会話で、
「喰種のために戦う」と言ったカネキ。

CCGの動きは、
このカネキを刺激するものであるのは
間違いありませんね。

旧多もそれが狙いってことに
なりそうですが、
カネキとしてはどう動くのかが
大事なりますね。

ただでさえ、
世間は反喰種の動きが加速している
様子ですから、
カネキが登場するタイミングが重要に
なっているでしょう。

ただ出るだけでは、
反喰種の世論は恐怖して更なる反体制を
創出する可能性も出てきます。

和修吉福の嘘

そして、
それに伴う喰種の非人道的な殲滅。

その2つを、
効果的に示す方法が果たしてあるのか。







CCGとピエロ!?


世の中に、
CCGとピエロの繋がりを明確化させる事が
出来たとすれば、
カネキの主張も一端には届くでしょう。

実際に、
ピエロが旧多の作戦に加担したのは
間違いありません。

どういう目的でピエロが加担したのかは、
現状ではわからないことも多いですが、
「最後に笑うのはピエロ」
という発言を無印時代にニコがしていた
ことを考えても、
和修が上位の組織ということはなさそう。

この2つの組織の繋がり

それを世間が理解すれば、
CCGは崩壊します。

ただ、
それは喰種の暴走を進めてしまうことにも
なりそうですね。

カネキもそれは望んでいないでしょう。

初めて対話が成り立つ!?


強制的に対話のテーブルを
用意するためにはCCGにとって
致命的な真実を手にすることでしょう。

それを効果的に世間に
拡散出来る状況を手にした状態で、
CCGに対話を持ちかければ
叶うかもしれません。

いや、
和修吉福にとって不利益な状況を
作り出すというのが最善でしょう。

CCGとの対話で、
喰種とヒトが共存出来る世の中を
つくれるのかと言えばそうでもありません。

特区を設けるなどの方法を
採用したとしても、
そもそもヒトを喰らう喰種。

その食糧をどうやって調達するのか。

死体を提供し続けるというのも、
ヒトの倫理が許しそうにはありません。

喰う側と喰われる側。

この共存が、
これまでに成立したことがあるでしょうか。

何となく、
水族館のサメが入っている水槽を思い出します。

あれが成り立つのは、
餌が与えられる環境にある」というのが
一番だそうですね。

喰種の食事はヒト。

果たして、
カネキが目指す世界は成り立つのか。

⇒【121話 黒山羊が再始動!?

【こんな記事も読まれています】 ⇒【ヒデ=ピエロの王か!?
⇒【スケアクロウの正体とは!?
⇒【鈴屋什造が半人間って本当なの!?
⇒【鈴屋什造は完成された人間!?
⇒【旧多の目的は王の統一!?
⇒【六月と琲世を結んだ山頭火!?
⇒【J=有馬でJoker什造、KとQは!?
⇒【強さランキング!誰が最強!?







nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました