So-net無料ブログ作成

アイアムアヒーロー264話(最終回)ネタバレとその意味は!?謎めいた終わりにファン卒倒か!? [アイアムアヒーロー最終回]

アイアムアヒーロー264話(最終回)ネタバレとその意味は!?



アイアムアヒーローの最終回。

ファンはみんな「えええ!?」って言ったんじゃないかなって思います。

だって、
かなりのぶん投げな感じだったから。

でも、
きっと花沢先生のことだから、
大きな意味を含ませていたってことなんでしょう。





264話(最終回)あらすじ


スラッグ弾を自力で作り出す英雄。

精度を確認しながら、
鹿を仕留めます。
(弾が出来てすぐは見つからないのもなんか人生って感じでした)

仕留めた鹿を解体。

解体してみると、
お腹の中に子鹿。

「一つの命のために、2つの命が」

英雄は泣き崩れます。

でも、
かかってこい俺の人生」と奮起。

英雄が帽子を取ると頭が薄くなっていました。

また時が経ち、
雪道の中イノシシの足跡を見つけて進み出す。

英雄は自分の人生を。

「ええええ!!?」

未回収伏線だらけ!?


伏線の未回収が多すぎて、
「一体何の話だったのか」
これが見えてこなかった人も多いでしょうね。

でも、
きっと謎は謎のまま。

それもまた人生ってことなのかなって思います。

分からないことだらけで、
答えもない中でみんな人生を生きています。

要するにそういうことを言いたかったのかなってことにしていますw

正直、
私も「えええ!?」って言っちゃったので、
納得がいかないファンもめちゃくちゃ多いでしょう。

中には、
「打ち切りでしょ」って言っている人もいるみたいだけど、
あれだけ人気を博したマンガなわけで、
いきなり打ち切りってことはないはず。

あるとすれば・・・。

花沢先生の都合か、
編集と喧嘩したとか、
そういう風な突発的な何かって事以外はないですよね。

⇒【完結させられない!アイアムアヒーローとアイ・アム・レジェンドの関係







最初から結論はここだった!?


花沢先生が、
アイアムアヒーローを描き始めた段階から、
この結末に持っていこうとしたのかは謎です。

ただ、
一番最後の一人っきりで頑張ってる姿とか、
そこでマネキンに話しかけてるところって、
まるで映画のアイアムレジェンドみたいだなって思いました。

アイアムレジェンドは、
2007年の12月公開。

そして、
アイアムアヒーローは約1年半後の2009年4月からスタート。

もしかしたら、
最初からこのラストをモチーフにこういう世界観を描きたいって思っていたのかもしれませんよね。

見ていない方は、
ぜひともアイアムレジェンドを見てみてください。

重なるところが結構ありますよ。

⇒【アイ・アム・レジェンドのあらすじ
類似点と最終回の意味!?


意味を残してスピンオフを救う!?


これだけ多くの謎を残したとなると、
スピンオフを描いている人からすれば助かるところかもしれませんね。

だって、
どうとでも描けるっていえますから。

実は、
アイアムアヒーローにはスピンオフ作品も登場しています。

もしかしたら、
こうやって謎だらけで終わるからこそ、
出来上がる二次創作物というものがあるのだと分かっていたのかも?

何にしても、
英雄はとにかく東京で一人生きています。

描かれたのは東京の最後だけ。

他の土地は一切分かりません。

どんな人が生き延びて、
最終的に英雄もどうなるのか。

そこに想像を巡らせる。

I am 英雄。

最終回に疑問を残しながらも、
やっぱり最後はこれで良かったんだと何度か読んでみると分かってきます。

花沢先生、お疲れ様でした!

【こんな記事も読まれています】 ⇒【最終回の真意とは!?
⇒【完結させないのが正解か!?
⇒【比呂美は?英雄はなぜ一人?
⇒【最終回感想 英雄のその後!?
⇒【アイアムレジェンド類似点



⇒【完結させられない!アイアムアヒーローとアイ・アム・レジェンドの関係








nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました