So-net無料ブログ作成

進撃の巨人ネタバレ85話 「アルミンの復活で兵団長はハンジに確定!?地下室の謎は?」 [進撃の巨人 80~85話]

進撃の巨人ネタバレ85話で地下室暴かれる?



予想通りというか、
エルヴィンよりもアルミンを選びましたね。

リヴァイ兵長があそこまで抵抗するとは思いませんでした。
(結構すぐにアルミンを選ぶかなって思ったので)

それにしても、
アルミンの巨人バージョンがめっちゃ弱そうでしたね。

あれは、
8m級くらいでしょうか??

やっぱり体格にも比例したりするのかな?
って思いましたけど、
過去の巨人化したメンバーみるとそうでもないんですよね。

そこにも何かの謎が??

スポンサーリンク



ハンジが団長候補!


エルヴィン無き今では、
ハンジが団長候補になります。

しかし、
今までの功績を考えると、
アルミンが団長ってなっても何もおかしくはありません。

勿論、
経験が足りないって話ですが、
判断力と状況の適応力で言えばグンを抜いているのがアルミンでしょう。

それの補佐としてハンジやリヴァイが立てば、
調査兵団はエルヴィン団長の時を超える力を手にするように思えます。

遂に地下室の謎?


超序盤から登場していた、
グリシャ(エレンの父)が隠したとされる地下室の謎

この壁の内部が出来る前のところから全てが語られる可能性がありますね。

それは、
レイス家の秘密にも触れているでしょう。

今敵対している獣の巨人を含めた組織のことについても、
描かれる可能性があります。

今の壁の人間こそが悪であるという真実を突きつけられると思われますが、
その時にエレンやミカサは何を思うのでしょうか?

調査兵団の人間たちは、
一体そこから壁の人間に対して何を思うのでしょうか

そして、
次なる行動は

巨人こそが正義となる理由は?


壁の中の人類を滅亡させる理由はどこにあるのか?

巨人側にも正義があるのは間違いありません。

しかし、
元は同じ人間。

それを殺すに至る大義名分とは一体なんなのでしょうか?

巨人を創りだしたのがそもそも王家であった。

もしくは、
その研究費を捻出したり、
研究そのものを依頼したのが・・・。

そして、
その実験に失敗して、
世の中に巨人が蔓延するきっかけを作った。

グリシャはそこに関わっていたのかもしれません。

今の人類が悪となり、
巨人が正義となる理由

ここを考えていかなければ、
次の予想は難しいかもしれません。

------------スポンサーリンク------------




------------スポンサーリンク------------

タイトルこそが真理?


巨人の進撃ではなく、
「進撃の巨人」

これが漫画のタイトルですから、
どちらかといえば「巨人」側に焦点があたっています。

これこそが、
この漫画の本質なのだろうと思います。

ということは、
やはり人間側にこそ悪が潜むということなのでしょう。

しかしながら、
正義とは裏返せば相手の正義です。

それに気づいたところで、
もうすでに後戻り出来ないところまで来ている。

壁を修復したところで、
常に巨人の恐怖にさらされる訳です。

相手に攻撃の準備をさせているに近いでしょう。

ここまできたら、
もはや共存以外のエンドは存在しないって思えます。

もしくは、
巨人化を治す薬のような何かを開発することです。

それでも、
全ての戦いが終わらないでしょう。

しかし、
もしも創りだしたのが人間のエゴだったするならば、
それを修復するのもまた人間でなければならないと感じます。




エルヴィンの死で、
これからの調査兵団というよりも、
人類の動きは大きく変わるでしょう。

獣の巨人は逃げてしまいましたから、
まだまだ戦いは続きます。

いや、
この地下室の謎を見たメンバーが、
次の行動に何を選ぶのか。

これによって、
物語は思わぬ方向に突き進む可能性も秘めていますね。

次回を楽しみに待ちましょう!

スポンサーリンク




nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました