So-net無料ブログ作成

キングダムネタバレ 480話「尾平の想いと飛信隊の団結!黒羊を包み込む正義とは!?」 [キングダム 471~480話]

480話は感動を呼ぶ!?



キングダムにはいつも感動させられます。

479話の尾平の叫び。

※前話の本バレはコチラになります※
⇒【479話「尾平の本当の気持ち!叫びは信まで届くのか!」
※今回の本バレ※
⇒【480話ネタバレ確定はコチラをクリック

完全にやられました、感動です

やっぱり尾平も飛信隊の一員ですね!

キョウカイや信は聴いていませんでしたが、
カンキ兵の悪態に、
全力で立ち向かった尾平。

立派だと思います。

そしてそれを助ける仲間たち。

飛信隊の良さは、
こういった部分にありますからね。

スポンサーリンク



キョウカイの想いは?


キョウカイが飛信隊のメンバーに本気で怒ったことって、
今までに一度でもあったでしょうか。

いつも冷静沈着なイメージの彼女も、
尾平の行為には怒りがこみ上げてきたのでしょう。

それは、
「悔しさ」
「悲しさ」
からくる怒りだと思います。

ず~っと一緒に過ごしてきた古参の尾平

そして、
信の涙。
「なぜ?」

そんな想いが重なり、
尾平に伝えた言葉は、
飛信隊が今後も同じ思いを貫けるのか否かの分岐点だった様に感じます。

キョウカイは、
おそらくこの戦いで飛信隊から分離するものと思われます。

この悔しさから、
下手をしたら少しの間は戦から遠ざかる可能性もあります。

⇒【キョウカイと信は結ばれるの!?子供は李超!?

尾平は戻れるのか?


仲間は尾平の嘆きを聴いていました。

そして、
カンキ兵に飛び込んだ尾平を見て、
恐らく飛信隊へ戻ることを仲間は望むでしょうね。

問題はこれを信が許すかどうか。

吐き捨てるかのように、
雷土に「面倒を見ろ」と言い捨てた信

涙し決断した信の思いは簡単に覆りそうもありません。

それは尾平も同じではないかと思います。

「城戸村へ戻る」と言った尾平。

本当に村に戻って、
戦から離れる可能性が高い様に感じます。

そこで、
普通の農民暮らしをしながら、
飛信隊の活躍を見守る。

そんな生活の中で、
妻からの叱咤があったり、
飛信隊の危機が知らされて、
急いで戻る。

という感じになりそうな気もします。

⇒【信⇒李信将軍と改名するのはナゼ?誰から貰う名前なの!?

黒羊の戦いの終結!


村が焼き終わってカンキのやることといえば、
村人の山を紀彗に送りつけるという非道な行いでしょう。

そして、
怒り狂った紀彗が、
我を忘れて戦術無視の感情戦に向かうのを刈り取るという、
廉頗将軍との戦いで見せた心理戦をやるのでしょう。

紀彗が連られて怒り狂えば
この黒羊の戦いはあっさり勝負がつくことでしょう。

慶舎討ち死にについても、
敵兵の士気を下げる効果があります。

ひょっとすると、
大した描写もされずに秦国勝利で幕を閉じるのかもしれません

------------スポンサーリンク------------




------------スポンサーリンク------------

紀彗と李牧の2人が・・・


ここで紀彗を取り逃がしてしまった場合は、
カンキのやり方を李牧の元へ持ち帰られる可能性が高いでしょう。

そうなると、
李牧はカンキとの戦いのシュミレーションが出来やすくなります。

史実により近づくことになるでしょう。

⇒【カンキ将軍の未来は李牧戦で敗れることになる!?

カンキ将軍も、
この戦いの勝利で更に地位を引き上げるかもしれません。

最終的な新六大将軍は変化するにしても、
一時的には

・蒙武
・楊端和
・騰
・王翦
・桓騎

この5人が大将軍として秦に君臨することになりそうです。

⇒【新しい六大将軍は誰の手に!?




尾平の思いが伝えられた479話は感動しました。

ここから、
大きくなった飛信隊の本当の課題が見えてくるのでしょう。

⇒【480話ネタバレ確定はコチラをクリック

【今読まれている記事はコチラ】カンキ将軍が李牧将軍に負けるって史実は本当なの?
新しい六大将軍は誰の手に!?
◯もう読んだ?史実を見て楽しむキングダム!ファン必読でしょw
「武」に注目したキングダム強さランキング!!
昌平君の最後は裏切りの末!?【最終戦】
「李牧」の最期は処刑になるのか??
キョウカイと信は結ばれるの!?子供は李超!?
信⇒李信将軍と改名するのはナゼ?誰から貰う名前なの!?


スポンサーリンク




nice!(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 11

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました