So-net無料ブログ作成

キングダムネタバレ 470話 「キョウカイVS劉冬で討ち取りは!?」 [キングダム 461~470話]

470話はまず劉冬が!?



飛信隊を発見した劉冬隊が、
キョウカイに阻まれましたね。

⇒【470話確定情報はコチラをクリック
⇒【469話の確定情報はコチラをクリック

ようやく復活です!

待ってましたw

キョウカイと劉冬の戦いは、
終わってはいません。

となると、
慶舎の討ち取りの前に、
キョウカイVS劉冬が展開しそうですね!!



【スポンサー広告】





劉冬VSキョウカイ


慶舎を急いで狙う飛信隊ですが、
劉冬隊に足止めされています。

この足止めが長引けば、
慶舎の陣が復活してしまうでしょう。

ってことは、
ここはキョウカイ隊だけ残して
信が更に慶舎を狙うというのがセオリーでしょう。

キョウカイVS劉冬。

遂に決着でしょうか!

どちらも頭脳明晰で戦闘能力も高い部隊。

ここはキョウカイが武功を上げて欲しいですね。

ケガの治り具合が勝敗の鍵!?


キョウカイは村の人に助けられました。

今の今まで、
じっくりと治療に専念したとも言えます。

しかし、
劉冬は飛信隊が川を渡る戦略に成功してから、
ケガを押して戦場に戻っています。

この差が大きい!って思えますね。

というか、
そうであって欲しいw

前回の戦いでは、
結構五分な感じだったので、
この僅かな差が勝利へと導くのではないでしょうか。

慶舎狙いは成功するのか!


キスイは黒桜の隊を止めるべく、
馬呈と共にカンキ将軍の軍長との戦いになるでしょう。

キスイが到着すれば、
若干押し戻されてしまうのは間違いないと思います。

カンキ将軍は、
奇策が外れた為、
即座に出せる策略はないと思えますね。

さらに、
慶舎はカンキ将軍の弱点を見ぬいた様子でした。

このまま、
黒桜が押し戻されてしまったら、
カンキ軍の危機になるとも言えます。

それまでに、
飛信隊の刃が届くのか!

ここが最大のポイントですね。

李牧も信の名前を今では名指しして来るほどです。

重要な分岐点になりそうな予感。

⇒【「李牧」の最期は処刑になるのか??

今後の両軍損失は!?


今後の両軍の損失予想ですが、

信⇒慶舎討ち取り

キョウカイ⇒劉冬討ち取り

問題は、
カンキ軍の損失ですね。

下手をしたら・・・。

キスイ⇒黒桜討ち取り

ってことも無くはない!?

でも、
カンキ軍で唯一?の女軍長です。

この漫画は女性がとにかく強い!

というか、
戦国系の漫画では女性を出すのが困難なので、
比較的長生きである可能性が高いものです。
(読者の目もありますからね。男臭いよりはw)



【広告】







ってことで、
その逆なんてことはないでしょうか?

黒桜⇒キスイ討ち取り

これは言い過ぎ!?

黒桜⇒馬呈討ち取り

このぐらいが限界になるでしょうか。

キスイが生き残って李牧にヒントを与える


カンキ将軍は、
後の戦いで李牧にやられるというのが史実です。

⇒【カンキ将軍の未来は李牧戦で敗れることになる!?

となると、
このカンキ将軍の性質を李牧に伝える者が必要になるでしょう。

それがキスイという可能性はあるんじゃないでしょうか。

その情報を元に、
カンキ将軍との戦いで勝利を上げる。

生き残りがキスイとなるのか

ここは注目するところですね。

将軍への道!


飛信隊の信が慶舎を討てば、
初の総大将討ち取りとなります。

これで、
名実ともに将軍級と言えるでしょう。

キョウカイについては、
5千人将への昇格をなすのではないかと思います。

信が将軍になれば、
後は大将軍になるべくコマを進めるだけになります。

さて、
一体誰が正式に新しい六大将軍となるのでしょうか。

⇒【新しい六大将軍は誰の手に!?

黒羊の戦いも、
いよいよ終盤となります。

生き残るのは誰か!
誰が誰を討ち取るのか

最後まで気が抜けませんね。

それにしても、
思っていたよりも長い戦いになりましたw

⇒【470話確定情報はコチラをクリック

今読まれている記事はコチラカンキ将軍が李牧将軍に負けるって史実は本当なの?
新しい六大将軍は誰の手に!?
◯もう読んだ?史実を見て楽しむキングダム!ファン必読でしょw
昌平君の最後は裏切りの末!?【最終戦】
「李牧」の最期は処刑になるのか??


【今話題のゲーム】






【広告】








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました