So-net無料ブログ作成

イジメの時間ネタバレ37~38話確定 又賀の写真が存在!裸踊りは男子の前で!天道が身代わりで教室での罰ゲーム! [イジメの時間31~50話]

イジメの時間ネタバレ37~38話確定



崖NOBOで
負けたのは須田。

罰ゲームは
裸踊り。

しかし、
又賀は何やら
投技を使っているので
初心者じゃないのは
バレバレって感じが
しますよね。

※前話の内容※
⇒【35~36話 崖NOBO対戦!





37話 又賀の写真はある


鶴巻から
ストップが入る。

初心者と
嘘をついていた又賀が
負けだという。

投技は本来
自分の動きが
止まってしまう技。

その駆け引きがあるが、
又賀は動きを止めずに
行う裏技を
使っていたという。

スマホを見せてと
言われて又賀は
どうしても勝ちたかった
と白状する。

鈴木山はそれを聞いて
罰ゲームだけで
済ますわけにはいかない
と怒っている。

若保囲も
許しがたいクズだと。

又賀は写真が
ないので自分に弱みは
ないと感じている。

しかし、
鶴巻は
約束を破った罰だと
スマホで又賀の
写真を見せる

足を開いて
ピースしている。

衝撃を受ける又賀。

「本当に広めちゃうから」

恐怖する又賀。

鈴木山「今日は男子禁制
じゃねぇのか?」

鶴巻は
ムカついたからと。

これで罰ゲームを
受けるしかなくなった。

この状況に
追い詰められた
又賀はスカートを
脱ぎ始める

※※※

写真は本当に
あったみたいですね。

保存していない
というのが嘘だった
ということでしょう。

確かに、
あんな写真を
拡散されるなら
ここで裸踊りを
するほうがマシって
気がします。

ただ、
男子も見てる前って
中々のハードル。

38話


帰り道、
写真のことを
誰にも言わないでと
天童に言う又賀。

裸踊りを止めようと
する天童。

白い天道と黒い天道が
脳内で戦う。

自分を守るか、
又賀を守るか。

そして、
全部自分のせいだから
許してやってほしいと
言い始める。

鈴木山は天道が
変わるなら構わないと。

躊躇する天童。

鈴木山が怒る。

そこに、
誰かいるのかと
扉の向こうから声。

「罰ゲームはまた今度な」

自分の痛みはもちろん
人への罪悪感も
塞いでいたが
今回はそれも限界だった
天童。

しかし、
誰にも相談出来ない。

次の日、
平原は休み。

自習の時間で
鈴木山と若保囲に
廊下に呼ばれる天道。

そして、
今この時間に
罰ゲームをやるという。

教室で

※※※

ハードルが一気に
上がってしまった
裸踊り。

まさか、
生徒も普通にいる
自習の時間に
全員の前で
行うことになるとは。

普通の精神状態では
これができるとは
思えません。

しかし、
追い詰められた天童。

やってしまう
のでしょう。

ただ、
クラスメイトは
このことを
どう思うのか。

イジメは傍観もまた
同じ罪と言える
典型的な事案かもしれません。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。