So-net無料ブログ作成

キングダムネタバレ526話 「馬南慈が討ち死!?王賁の槍で一閃か!?趙峩龍の守り発動!?」 [キングダム 521~530話]

キングダムネタバレ526話 馬南慈が!?



※確定あらすじ※

馬南慈も驚く
槍使いの王賁。

矛を振れない馬南慈は
力づくで馬から落とす。

矛を受け取る馬南慈。

構える王賁。

しかし、
そこに亜光。

振り向きざまに
馬南慈が亜光と
矛をぶつけ合う。

2人の将がここに
集まったことで
岳嬰軍が復活。

押し返す。

趙峩龍は上から見て、
馬南慈の戦略眼に
感心している。

しかし、
自らが出るのは
まだ先と。

王翦側では、
飛信隊に指令。

選りすぐりの
八百騎を出陣。

「左へ」

命令は、
紀彗の首を取ること。

⇒【526話 詳細はコチラ
⇒【527話 飛信隊は紀彗を討てる!?







雁門にはっていた
将軍というのが
分かった馬南慈。

そして、
お互いに相容れない
思いを口にして
あとは矛で決するだけ
という状況です。

果たして、
王賁の実力は
どの程度あがって
いるのでしょうか。

※前話の内容※
⇒【525話 確定はコチラ
馬南慈を恐れない


まずは、
王賁が強すぎるという
可能性です。

輪虎将軍という
元三大天で
廉頗将軍の
四天王である
将軍と戦ったのが
臨時千人将だった頃。

まだまだ未熟だった
こともあり、
飛信隊の信と共に
出向いて2対1で
仕留めきれませんでした。

相手の片手の
腱を切って、
その後に信が
討ち取ります。

ただ、
あのレベルの将軍と
若き日からすでに
戦っていた事実は
王賁のその後の成長に
大きく関係している
と言っても良いでしょう。

今更、
そのレベルの武将と
相対したところで
王賁が恐れることは
全くありません。

⇒【雁門と匈奴と李牧の史実!?






馬南慈は討たれる?


雁門という
本当の修羅場で
武将を努めたであろう
馬南慈。

李牧の側近としての
信頼も相まって、
相当な実力者というのは
見て取れます。

それに、
戦略眼も持っている
人物だけに、
亜光は玉鳳隊が
その武将と
戦うことを
警戒したとも
考えられます。

挟撃を狙うという
ことは、
亜光の見立ててでは
玉鳳隊が
馬南慈を討つのは
難しいと判断したとも
とれます。

しかし、
すでに玉鳳隊は
最初の一手で亜光の
予想を
外してきています。

王賁そのものの強さもまた
亜光が思っているものを
遥かに凌いでいるとも
考えられそうです。

⇒【趙滅亡の流れ!悼襄王の末路!?







馬南慈討ち死になら


もしも、
馬南慈がここで
王賁に討たれる
ようなことがあれば、
明らかに李牧の読みの
範疇を超えていると
思ってもいいでしょう。

しかし、
ついている部隊の
実力が
楽華隊と玉鳳隊共に
読みを超える実力だと
分かれば、
すぐに修正を行う
可能性もあります。

また、
右の戦場と言っても、
中央を守り続けた
趙峩龍という存在が
あります。

場合によっては、
馬南慈の代わりに
尭雲を援軍として
送り込むという
こともあるでしょう。

ちょうど中央の左翼側に
布陣している状況。

共に、
中央で戦い続けた
人物でもあります。

両翼は止めること


李牧の策の中心は
やはり自分がいる
中央にあると
思われます。

両翼については、
相手の進撃を止める。

そして、
止めている時間内で
中央を突破して
総大将の首を取る。

それでこの戦は
終結します。

李牧としては、
兵の差が最も大きい
この中央を狙うのが
常套手段といえます。

しかし、
構える王翦本軍。

この兵の差を
なんとか出来るという
目論見があるから
こその布陣といえます。

第一武将、
第二武将、
共に攻撃型の将軍。

であれば、
本軍こそ守りの
特化していると
言っても良いでしょう。

果たして、
二倍の兵の差を
埋めるほどの
防御を
王翦は見せてくれる
のでしょうか。

⇒【527話 飛信隊は紀彗を討てる!?

【こんな記事も読まれています】 ⇒【亜光・麻鉱は最強の副将!?
⇒【趙奢と胡昜は趙の勝利だった!?
⇒【羌カイと信は結ばれる!?
⇒【李牧の最期は処刑になる!?
⇒【ギョウ攻めの最終はどうなる!?
⇒【李牧の完全なる敗北!?
⇒【昌平君の最後は裏切りの末!?
⇒【信⇒李信将軍と改名の理由!?
⇒【閼与攻めは桓騎残しの奇策!?
⇒【王が死亡?ギョウの李牧敗北の理由!?
⇒【中国とイナゴ(蝗害)の関係!?
⇒【中華十弓の最強弓兵とは!?
⇒【武人最強ランキング!!







nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました