So-net無料ブログ作成

ナァガラジ=ナーガラージャで和修吉の事!竜(ルーツ)と24区の隻眼は同一の喰種の可能性!? [東京喰種:re:和修]

東京喰種:re ナァガラジ



131話で登場した、
ナァガラジという存在。

おそらくは、
インドの蛇神である
ナーガラージャのこと
指していると考えられます。

これが、
100年前の隻眼なのか、
ナーガラージャと共に
見ていきましょう。

⇒【カネキの赫者がラスボス!?





ナーガラージャ


ナァガラジ=ナーガラージャ
だとして、
ナーガラージャとは何なのでしょう。

簡単に言えば、
インドの蛇神。

八大竜王などとも呼ばれるが、
その八大竜王の中に、
ヴァースキというものがいます。

それの漢字名。

それが、
和修吉

関係がないはずもありませんね。

旧多の言っていた、
和修のルーツが
竜というのも
気になるところです。

神話の蛇神が喰種


元々、
喰種がどこから
生まれたのかは
分かっていません。

しかし、
様々な竜としての神話が
すべて喰種の祖である
竜が元になっているのだとすれば。

24区の100年前の隻眼の喰種は
和修のルーツである竜と
同じ袂を分かつもの
と考えてもいいでしょう。

それどころか、
全くの同一という可能性も
十分にあります。

追い詰めることで、
24区の隻眼の喰種。

ナーガラージャを
おびき出して、
最後の戦いをする。

それが旧多の
狙いとも考えられますね。







可能性は?


ナーガラージャと
和修のルーツである
竜が同一という可能性。

ナーガラージャが、
八大龍王というぐらいなので
8匹存在する可能性。

ナァガラジについては
和修のルーツである
竜の子供である可能性。

どれにしても、
この喰種と人間の戦いが
このナーガラージャを
抜きにしては語れない
というのは分かります。

ナァガラジが24区の隻眼で、
竜が和修が管理しているの
だとすれば、
その赫包を
取り付けられたのが六月や
瓜江や才子ってことも
あるでしょう。

才子については、
あの事由な赫子の使い方。

フレームアウトすれば、
竜と化すって可能性も
十分にあるでしょう。

世界の喰種は?


東京喰種は当然ですが、
東京の話です。

時折、
各国の喰種の話が
出てきますが、
基本は東京23区のお話。

そう考えれば、
八大竜王の他の7つは
世界各地に存在していた
って可能性もあるでしょう。

和修吉については、
日本の竜かもしれませんが、
世界にも
喰種のルーツがあった
してもおかしくはないはず。

旧多は、
リゼの赫子を使って
いますが、
和修吉を継承したということは、
竜についても
体内に宿していると
考えていいのかも。

だからこそ、
エトについても
本気を出せば一撃で
倒せたと考えても
良さそうです。

果たして、
ナァガラジとは
どんな存在なのか。

そして、
赫子を使っていない
その時の姿は一体?

⇒【カネキの赫者がラスボス!?

【こんな記事も読まれています】 ⇒【タロット伏線でトーカ堕胎!?
⇒【鈴屋什造が半人間って本当なの!?
⇒【ピエロと旧多の謎の関係性!?
⇒【東京喰種JACKのタロット伏線!?
⇒【元CCG捜査官たちが手を組む!?
⇒【六月と山頭火の伏線!?数字は6?
⇒【トーカの出産と流産の伏線!?
⇒【オッガイ漢字変換と成り立ち!?
⇒【スケアクロウの正体とは!?








nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました