So-net無料ブログ作成
検索選択

約束のネバーランド39話確定ネタバレ 「森が子供を食べる!危険すぎる原生林!」 [約束のネバーランド31~40話]

約束のネバーランドネタバレ39話確定



消えた子供たちを
探しているエマたち。

そこで、
足元の根っこ群に穴が開いて
吸い込まれる。

※※※

どうやら他の子供たちも
地下に吸い込まれたという
ことですね。

追手たちが、
シ体でも」という
言い方をしたのは
やっぱりこの森が通常
生き残れないからでしょう。





暗闇の地下


真っ暗な地下。

トーマは虫がいると
暴れている。

そこで、
明かりを持ったドンたちと
合流する。

エマ「よかった、
みんな何ともなくて」

クリスティ「根っこすごーい!」

どうやら、
周囲は根っこで出来た
洞窟のようです。

トーマについてくる虫。

嫌がっている姿に
ラニオンが笑っている。

※※※

根っこの洞窟。

トーマは虫が苦手な
様子ですが、
その虫がついてくるのも
気になるところですね。

GFハウス脱獄編とは異なり、
一気に冒険感が出てきました。

ヤバい木


落ちてきた場所から
出るのは不可能。

エマ「地上よりずっと暖かいし、
追手の目をくらます上でも
地下を歩くのは良かったかも」

奥には光る花が咲いていた。

そこには、
木に絡まっている獣のシ体。

レイ「まずいぞ、エマ。

ここは、この木。この森は。

動物を捕らえて食ってるんだ」

エマ「食べる!?」

※※※

ヤバい場所に来ましたね。

餌場になっているこの場所。

やはり、
次なる敵は、
この原生林そのものって
事になりますね。







ミネルヴァの小説


レイ「皆かたまれ!」

根っこに火をつけようとするが、
レイに危険だと止める。

密室な上に、
煙は追手を呼び寄せる。

エマは呆然としている。

エマ「私これ読んだ事ある

カバンから取り出す本。

それは、
フクロウのモールスで
解けなかった2冊の内の1冊。

ミネルヴァの冒険小説だった。

※※※

遂に登場!

ミネルヴァの冒険小説です。

どんな話が書いてあるのか。

描写には、
竜とかが出てきたような
気がしますが、
さすがに全てが一致する
ってことではないでしょう。

破れている部分もありましたが、
それがどんな意味を持つのか。

Promiseの意味は?




フクロウとミネルヴァの謎が
徐々に解明されそうですね。

脱出に関わるものかと
思っていましたが、
どうやら原生林を突破するのが
この本の意味なのでしょう。

そして、
モールスがミネルヴァとの
合流の方法。

では神話の方にも
大きな意味があると
思って間違いなさそうです。

そもそもミネルヴァは
神話に登場する女神です。

さらに、
そのミネルヴァの従者が
フクロウですから、
そういう意味ですでに
意味があるのは
確実と言えそうですが。

⇒【40話 詳細内容はコチラ

【こんな記事も読まれています】 ⇒【クローン説の伏線が凄い!?
⇒【TOUCH MEは誰に触れる?
⇒【クローネ盗み聞きに伏線あった!?
⇒【新フクロウの謎を解読!?
⇒【ノーマンが敵になる!?
⇒【B06-32はチェスを意味する!?
⇒【ノーマンはNO MAN!?送られた天才
⇒【ミネルヴァは食人鬼の抵抗勢力!?
⇒【首のナンバーの謎が解明!?
⇒【鬼の用語と神存在は発音不可!?
⇒【外の世界は鬼を知らない!?







nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。