So-net無料ブログ作成

生贄投票ネタバレ36話 「最終回になる!?新展開の可能性はあるのか?」 [生贄投票 31~40話]

生贄投票ネタバレ36話 最終回になる?



※確定あらすじ※

6年後。

美奈都は教師に。

新任二年目で、
副担任になる。

担任は神庭という俺様系
のイケメン。

生徒の中に、
笑った顔がタマに似ている
緒川という男の子がいる。

職員室に中村裕子が
「今治先生へ」と書かれた
封筒が自分の机に
入っていたと持ってくる。

開けてみるとスマホが。

そこには生贄投票の文字。

そして、
周囲の教師のスマホにも
同じように表示され流れる
音声。

これから毎週ゲーム。

名乗った名前は、
「ネオ生贄君」

⇒【36話 詳細はコチラ

⇒【37話 確定はコチラ







2-Cでの事件は、
毛利を犯人として
一旦の終了を見ました。

あれから6年後。

※前話の内容※
⇒【35話 確定の詳細はコチラ

原作通りなら、
また新たな生贄投票が始まり
無限のループって感じに
なりますがどうでしょうか。

次なる事件?


描写では、
美奈都の名前を検索しようする
場面がありました。

美奈都の父親が、
なぜあんな犯罪を犯したのか

そして、
生贄投票のソフトを作ったのが
本当に毛利だったのか。

そういった謎がそのまま
置かれた状況になります。

このまま最終回を迎えるのは、
ちょっと勿体無いって
感じもします。

また、
6年後を描くってことは、
美奈都が大学を卒業して
社会人1年目ってことですね。

そんなある日の出来事。

このまま前を向いて
歩いていこう!

って終わりはさすがに・・・。

次なる生贄投票?


もしも、
再度復活して生贄投票が
始まるのだとすれば、
それはどんな理由なのか。

美奈都のことを
調べている人物がいるって
ことなので、
この一連の騒動からくる
恨みなのかもしれません。

だとすれば、
次なる犯人は残ったメンバーの
誰かということにも?







次は捜査する側に?


もしも、
原作と同じように、
またあの学校で生贄投票が
始まったとすれば。

美奈都はその生贄投票を
捜査する側に
回っているかもしれません。

当然ながら、
玉森のことを忘れてしまって
いるはずもないですから、
次なる被害者が出始めたと
なれば美奈都は放っておけないはず。

その根底がどこにあるのかを
探っていくことになるでしょう。

そもそも、
なぜ毛利は玉森をあの時
刺したのでしょうか。

そんなことをしてしまったら、
犯人と疑われなくなっても、
サツ人未遂で逮捕されかねません。

また、
玉森を押した人物。

本当に毛利だったのか。

これもはっきりと描かれた訳では
ありませんから謎のままですね。

もう一つ気になるのが、
足についた火を消してくれた
西野です。

ただ、
教室に西野って最初からいた?
という疑問があります。

何となくそのあたりが
怪しい気がしてなりません。




マンガとしても、
人気が出てきているこの生贄投票。

すぐに終わらせるというのも
勿体無い気がするので、
継続して次なる謎に挑んでいくって
気がしてなりませんね。

美奈都はどんな立場で
次の展開へ進むのでしょうか。

もしかしたら、
警察官として?

だとしたら、
面白いですね。

父親の事件についても、
その本意を調べることに
なっていくのかもしれません。

⇒【37話 確定はコチラ

【こんな記事も読まれています】 ⇒【犯人は菊川と美姫!?小説と違う?
⇒【担任不能!宇田紀華は味方!?







nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました